orgit 20170403.1323(in MELPA)
support for Org links to Magit buffers

概要

org-mode のリンクはいろいろ拡張できます。

orgit.elmagit へのリンクを作成します。

  • status
  • log
  • commit

リポジトリや特定のコミットへのリンクを作成することで
org文書にてプロジェクト管理ができるようになります。

また、export時にはリモートリポジトリへのリンクに変換してくれます。

たとえば、リモートが
github / gitorious / bitbucket / orgmode.org / kernel.org
であるとき、当該ホスティングサービスのstatus/log/commitへのリンクになります。

20150518051457.png
Fig1: M-x magit-status後にC-c l

20150518051504.png
Fig2: *magit-log*にてC-c l

20150518051515.png
Fig3: *magit-commit*にてC-c l

20150518051712.png
Fig4: その後orgバッファにてC-c C-lで集めたリンクを貼り付ける

20150518051741.png
Fig5: C-c C-e h HでHTML変換すると、githubへのリンクになっている!

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてorgitを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install orgit

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name orgit

設定 150518051325.orgit.1.el(以下のコードと同一)

(require 'orgit)
(global-set-key (kbd "C-c l") 'org-store-link)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/150518051325.orgit.1.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 150518051325.orgit.1.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。