olivetti 20160912.1758(in MELPA)
Minor mode for a nice writing environment

概要

olivetti.elwriteroom-mode.el(レビュー)tabula-rasa.el(レビュー) 同様、
集中して物書きするためのマイナーモードです。

ちなみにolivettiとは昔タイプライターで有名だった会社で、
今はパソコンやタブレットを販売しているようです。

一番機能が多いのはtabula-rasa.elですが、
このolivetti.elはシンプルな機能にとどまっています。

  • 画面両横にマージンを設置し文字をセンター寄せ
  • 文字幅を調節
  • モードラインを消し飛ばす(オプション)

1行あたりの文字数は olivetti-body-width で設定できます。

場合によってフォントを切り替えている人は
小数を指定することをおすすめします。

有効にするには M-x olivetti-mode を実行し、
桁数は M-x olivetti-expandM-x olivetti-shrink で調節できます。

類似品はいろいろありますが、どれも個性があって面白いですね。

物書きに集中したい人は、好みのものを試してみてください。

20150414055740.png
Fig1: 画面中央寄せ&モードライン消し飛ばし

20150414055829.png
Fig2: 白背景だとこんな感じ

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてolivettiを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install olivetti

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name olivetti

設定 150414055120.olivetti.el(以下のコードと同一)

;;; 桁数
(setq-local olivetti-body-width 80)           ;桁数
(setq-local olivetti-body-width 0.6)          ;(window-width) に対する割合
;;; モードラインを隠す
(setq olivetti-hide-mode-line t)
;;; スペル覚えられないのでaliasにしとく(笑)
(defalias 'writing-mode 'olivetti-mode)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/150414055120.olivetti.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 150414055120.olivetti.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。