jaword 20150325.718(in MELPA)
Minor-mode for handling Japanese words better

概要

jaword.el は、日本語の単語を認識した各種単語コマンドを提供します。

M-x jaword-mode でマイナーモードを有効にすると、

  • M-f - 次の単語へ移動
  • M-b - 前の単語へ移動
  • M-d - 単語の削除
  • M-t - 単語の入れ換え
  • M-DEL - 前の単語の削除

を日本語対応にします。

単語認識は tinysegmenter.el による形態素解析で行っていますが、
現代のコンピュータならば動作速度は問題ありません。

デフォルトでは日本語文書の単語の区切りは文字の種類の境目ですが、
jaword-modeを有効にすると国文法に基いた単語区切りになります。

私/は/失敗/することがあります/。
↓
私/は/失敗/する/こと/が/あり/ます/。

実用の観点からすればいささか細かすぎると感じる人がいるかもしれません。

好みに応じて。

僕はデフォルトの挙動で十分です。

作者のサイトはこちら

http://qiita.com/zk_phi/items/b9c90014c434b75e8139

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてjawordを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install jaword

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name jaword

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。