eshell-prompt-extras 20160926.1723(in MELPA)
Display extra information for your eshell prompt.

概要

eshell-prompt-extras.elは eshell のプロンプトに
git の状態を表示するEmacs Lispです。

Python virtual environment にも対応しています。

おまけ機能として好きな文字列を常に加えることもできます。

ソースコードを読むとわかるように、このEmacs Lispの実体は

  • eshell-prompt-regexp
  • eshell-highlight-prompt
  • eshell-prompt-function

をカスタマイズしているものです。

なので、このEmacs Lispを参考にこれらの変数を変更すれば
あなた好みの ehsell prompt ができるようになります。

20140817155750.png
Fig1: gitの状態を表示!

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてeshell-prompt-extrasを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install eshell-prompt-extras

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name eshell-prompt-extras


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。