elscreen-persist 20160505.1829(in MELPA)
persist the elscreen across sessions

概要

elscreen-persist.el は、 ウィンドウ構成管理
elscreenに永続化をもたらします。

Emacsを再起動したときにウィンドウ構成が復元できるようになります。

elscreenのレビューはこちら

ウィンドウ構成が復元可能なelispは昔から windows.el が有名でしたが、
elscreenもついに仲間入りしました。

というか、windows.el内部で使っている revive.el
elscreenにも適用したものです。

elscreenにはtabbar.elのような タブがつくし、
バッファをelscreenで開く helm のアクションがありますし、
きちんとメンテナンスされている
のでおすすめです。

本設定を加えるとEmacs終了時にウィンドウ構成をディスクに保存し、
再起動時に復元します。

また、 M-x elscreen-persist-store
M-x elscreen-persist-restore
明示的に保存・復元できます。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてelscreen-persistを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install elscreen-persist

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name elscreen-persist

設定 141211041802.elscreen-persist.el(以下のコードと同一)

;;; プレフィクスキーはC-z
(setq elscreen-prefix-key (kbd "C-z"))
(elscreen-start)
(elscreen-persist-mode 1)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/141211041802.elscreen-persist.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 141211041802.elscreen-persist.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。