crux 20170626.632(in MELPA)
A Collection of Ridiculously Useful eXtensions

概要

crux.elは作者のBozhidar Batsov氏が便利に感じているコマンド集です。
本当に広範囲の便利なコマンドをたくさん提供しています。
実際に使ってみると便利になるだけでなく、ひとつひとつのコマンドは短いのでソースコードを読んでみれば勉強になる点がたくさんあります。

ただ、「便利なコマンド集」という形でのMELPAに登録するのは、本当に勿体ないと僕は思います。
なぜなら、ユーザがそのコマンド集に含まれている機能を欲しがっても検索で見つけられないからです。
それならば、たとえ10行そこそこであっても機能ごとにパッケージを分けた方が見つけてもらいやすいです。
これまで紹介してきたパッケージとかぶるものも多々あります。
ああ、非常に勿体ない…

今回から、cruxのように多機能なパッケージの解説は複数回に分けることにしました。
そうすることで、そのパッケージができることをタイトルから伝えることができるからです。
明日から順を追って説明していきます。

crux パッケージは以下の要素に分かれています。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてcruxを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install crux

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name crux

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。