crux 20170626.632(in MELPA)
A Collection of Ridiculously Useful eXtensions

概要

crux パッケージは以下の要素に分かれています。

crux パッケージに含まれている M-x crux-open-with は、
デフォルトの外部プログラムでカレントバッファのファイルを開きます。

diredの場合はカーソル上のファイルが対象となります。

この実装はとても簡単で、Mac OS Xならばopenコマンド、
GNUシステムならばxdg-openコマンドが使われます。
Windowsでは開くプログラムを聞いてくるようです。

xdg-openコマンドがインストールされているならばこれで十分でしょうけど、
それで不満であればopenwith.eldired-open.el を使うとよいでしょう。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてcruxを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install crux

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name crux

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/160728075521.crux.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 160728075521.crux.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。