yaml-mode 20170213.1023(in MELPA)
Major mode for editing YAML files

概要

EmacsでYAMLを編集するyaml-modeが更新されていました。

以前よりもインデントや色付け(font-lock)が賢くなっているようです。

YAMLは今更説明する必要はないと思いますが、
オブジェクトをファイルに保存するフォーマットのひとつで、
読み書きしやすいテキストファイルであることが特徴です。

あらゆる場面で使われているYAMLですが、
そのメジャーモードがEmacs標準になっていないのが不思議です。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてyaml-modeを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install yaml-mode

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name yaml-mode

設定 140827172956.yaml-mode.1.el(以下のコードと同一)

(require 'yaml-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.ya?ml$" . yaml-mode))
(define-key yaml-mode-map "\C-m" 'newline-and-indent)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/140827172956.yaml-mode.1.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 140827172956.yaml-mode.1.el

20140827173534.png
Fig1: yaml-mode

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。