switch-window 20170522.2042(in MELPA)
A *visual* way to choose a window to switch to

概要

<2015-02-21 Sat> win-switch.elの方がもっと使いやすいです。

switch-window.elC-x o をカイゼンするものです。

使い方は簡単で、C-x oを M-x switch-window に置き換え、
通常通り使うだけです。

2分割のときはそのまま他方のウィンドウに切り替えるのですが、
3分割以上のときはasdf〜とヒント文字がつき、
それを選択することで目的のウィンドウに切り替えます。

とはいえ、3分割以上をしない人とか、
other-window をC-tのように1ストロークに割り当てている人は
あまり恩恵を感じないかもしれません。

よくウィンドウを分割する人は owdriver.elも使ってみるといいです

同種のものにace-jump-mode(レビュー) を使った
ace-window.el(レビュー) があります。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてswitch-windowを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install switch-window

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name switch-window

設定 141215074846.switch-window.el(以下のコードと同一)

(setq switch-window-shortcut-style 'qwerty)
(global-set-key (kbd "C-x o") 'switch-window)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/141215074846.switch-window.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 141215074846.switch-window.el

20141215075328.png
Fig1: 多分割されていても
20141215075650.png
Fig2: ヒント文字でワンタッチ切り替え!

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。