relative-line-numbers 20161112.2151(in MELPA)
Display relative line numbers on the margin

概要

先日紹介 した relative-line-numbers.el ですが、
便利な使い方を教えていただいたので記事にします。

これは相対行番号、つまり現在行からの距離を
左端に表示するelispです。

これが何に役立つかというと、 数引数 付きのC-p/C-n/C-kです。

この行数指定するときに相対行番号が書いてあると
ひと目でわかって、すぐにターゲット行がわかります!

C-pとC-nに数引数C-uをつければ、その行数だけ
前後の行に移動します。

たとえば4行前に行くときはC-u 4 C-pと操作します。

ここまでは知っている人が多いと思いますが、実は
「C-数字」や「M-数字」でも数引数がつけられます。

C-u 4 C-pの場合C-4 C-pで同じ効果です。

Ctrlを離さずに済むので楽ですね。

逆にC-4 C-nで4行後に移動します。

C-N C-kは現在行からN行kill(kill-ring に入れる)します。

たとえばC-2 C-kで現在行と次の行をkillします。

こういう操作を行うのにrelative-line-numbers.elは役に立ちます。

個人的には M-x ace-jump-line-modeisearch を使うことが多いので、
あまり使っていない使い方でした。

標準状態のEmacsだと使えなさそうなコマンドも、
パッケージ追加により生き返るのはおもしろいですね!

@junkwさん、@imunolionさん、ありがとうございます。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてrelative-line-numbersを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install relative-line-numbers

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name relative-line-numbers

設定 141020140339.relative-line-numbers.el(以下のコードと同一)

(global-relative-line-numbers-mode)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/141020140339.relative-line-numbers.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 141020140339.relative-line-numbers.el

20141020140507.png
Fig1: 相対行番号!

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。