org-password-manager 20170124.549(in MELPA)
Password manager for Org Mode.

概要

org-password-manager.el は、passthword.el(レビュー)
id-manager.el(レビュー) のようなパスワードマネージャーです。

特徴はorg-modeのプロパティ使っていることです。

プロパティは普段は非表示になっているので、
パスワードを隠すにはうってつけです。

でも、orgファイルそのものをemacs以外で見られたら意味がない?

大丈夫です。

~/org/password.org.gpgのように.gpgとつければ
GnuPGで暗号化してくれるので外からは見えません!

GnuPGのパスフレーズが事実上マスターパスワードになります。

password.org.gpgは以下のような内容です。

* [[http://example.com][My favorite website]]
  :PROPERTIES:
  :USERNAME: leandro
  :PASSWORD: chunky-tempeh
  :END:
* SSH key
  :PROPERTIES:
  :PASSWORD: tofu
  :END:

新しいエントリを追加するには M-RET で見出しを作成し、
C-c C-x P (org-set-property-and-value)
USERNAME, PASSWORDプロパティを追加します。

M-x org-password-manager-get-username でUSERNAMEを得、
M-x org-password-manager-get-password でPASSWORDを得ます、

これらはpassword.org.gpg内ならば現在の見出しに対応する
USERNAME/PASSWORDを得ますが、外ならば org-agenda-files
登録されたファイルから探索されます。

M-x org-password-manager-generate-password
pwgen プログラムを使ってランダムパスワードを作成し、
カレントバッファに挿入します。

pwgenはDebian系列のGNU/Linuxならばaptからインストールできます。

20150606074116.png
Fig1: password.org.gpgを開くときにはGnuPGのパスフレーズを訊かれる

20150606074121.png
Fig2: サイトを選択

20150606074125.png
Fig3: パスワードがクリップボードにコピーされる

org-modeの用途のひとつとしてこんなのもアリではないでしょうか。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてorg-password-managerを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install org-password-manager

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name org-password-manager

設定 150606071505.org-password-manager.el(以下のコードと同一)

;;; これを入れないと毎回パスフレーズを訊かれてうざいw
(setq epa-file-cache-passphrase-for-symmetric-encryption t)

(require 'org-agenda)
(push "~/org/password.org.gpg" org-agenda-files)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/150606071505.org-password-manager.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 150606071505.org-password-manager.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。