『新年度2度目のメルマガですね』
「そうですね」
『あなたは新年度に慣れてきました?』
「そうだなぁ、ぼちぼちかな」
『僕はまあ、いろいろな変化があったかな』
「たとえば?」
『図書館でノマド生活を始めたよ』
「ノマドか〜、スタバというイメージあるよね。」
『近所にスタバ神社ないけどね、でも、図書館はいいよ〜』
「スタバ神社www」
『御布施を払えば1日貸し切りできる…たしかに』
「図書館はタダでいいよね」
『うん、しかも電源使えるから助かる。』
「今時のモバイルパソコンって長もちするみたいだけど…」
『僕のは2時間くらいだ\(^o^)/』
「きついな」
『ああ、電池の持ちさえよければ、ネットブックはいいEmacs端末なんだが』
「それな」
『だから電源があるというのは大きい』
「WI-FIは?」
『使わないかな、ネットから隔離されることで集中できるし』
「ネット見られる環境だと、どうしてもネットサーフィンしてしまうよね」
『それそれ!だから、あえてオフラインな環境に身を置く』
「そういやるびきちさん、スマホもったんだよね」
『ああ、巨大スマホ兼タブレットだが。』
「じゃあテザリングできるよね」
『できるね。やったことないけど。いざというときの非常手段にしとこう』
「キャリアはなに?」
『LINEモバイル。LINE使い放題』
「えっ、るびきちさんがLINEだって?」
『ああ、宗教上の理由で使わんつもりだったが、背に腹は代えられないってやつだ』
「みんなLINEだもんな」
『時代の流れだしね』
「っと、今回のメルマガは?」
『マイナーモード』
「メジャーモードが先なんじゃ?」
『普通ならそうかもだけど、フック・アドバイスときたら…』
「マイナーモードもon/offできるしね」
『そうそう。on/offつながりで。』
「ってなわけで」
『続きは本文で♪』

今回のメルマガであなたが得られる結果は、
- フックとアドバイスの復習
- マイナーモードの概要
- マイナーモードの内側
- キーマップの優先順位
- マイナーモードにまつわる問題
- 2種類のマイナーモード
- マイナーモードの定義方法
となります。

豪華な入塾特典付きで、初月無料月々527円のるびきち塾。
Emacsについて、人生の質を上げる方法について
メルマガでも個別メールでも懇切丁寧に指導します。
絶対に損はさせませんので、ぜひとも登録してください。
http://www.mag2.com/m/0001373131.html
1週間あたり缶ジュース1本分の投資で、僕があなたのメンターになります。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。