icicles 20170707.610(in MELPA)
Minibuffer input completion and cycling.

概要

icicles.el は、古くからある
ミニバッファ補完強化ライブラリです。

1996年から開発されていて、
なんと、Emacs20から動作します!

ミニバッファ補完強化はいまや

  • M-x ido-mode
  • M-x helm-mode
  • M-x ivy-mode

などに取って代われられていますが、

これらが肌に合わなかったり、
古いEmacsを使い続けてる人には
試す価値があるでしょう。

ドキュメントがあまりにも長過ぎて
概略がつかみにくいのが難点ですが、

一言で言うと
デフォルトのEmacsのインターフェースのままTAB補完が便利になる
ものです。

特筆すべき機能は以下の5つです。

  1. M-? でヘルプが表示される
  2. TABを連打すると次の候補を選択する(zlc.el 同様)
  3. C-M-RET でその候補の詳細が表示される
  4. 選択中の候補の情報がミニバッファなどに表示される
  5. ワイルドカード「*」を入れると任意の0文字以上の文字にマッチする

ミニバッファを扱う
多くのコマンドを扱っているため、
コードは膨大な行数になっています。

けれども、必要となる機能を
使っていけば十分です。

他にも機能を探したければ
M-? を押して見付けてください。

僕もanything.elに出会う前は愛用してました。

20170216083026.png
Fig1: M-x fi*oth TAB でキー割り当てとともに候補が表示される。

20170216083046.png
Fig2: C-x C-fの後にTABを連打すると次の候補が選択される。

20170216083058.png
Fig3: M-?を押すとヘルプが表示される。

20170216083319.png
Fig4: C-M-RETで候補の詳細が表示される

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてiciclesを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install icicles

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name icicles

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。