hungry-delete 20161128.2238(in MELPA)
hungry delete minor mode

概要

hungry-delete.elは、DeleteやBackSpaceキーでカーソル前後すべてのホワイトスペースを削除するパッケージです。
ホワイトスペースを貪欲に食べるイメージですね。
ホワイトスペースだけをまとめて削除するのはちょっとした工夫ですが、以外に便利ではないでしょうか。

マイナーモードM-x hungry-delete-modeでカレントバッファのみに有効になり、
M-x global-hungry-delete-modeで全体的に有効になります。

20161116151233.png
Fig1: *の桁でBackSpaceとC-dを押した結果!

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてhungry-deleteを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install hungry-delete

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name hungry-delete

設定 161116150749.hungry-delete.el(以下のコードと同一)

(global-hungry-delete-mode 1)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/161116150749.hungry-delete.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 161116150749.hungry-delete.el


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。