guru-mode 20160415.1921(in MELPA)
Become an Emacs guru

概要

guru-modeはEmacsの操作方法を強引に習得するマイナーモードです。

カーソルキーなどの特殊キーを使う軟弱者を鍛えてくれます。

drill-instructorに似ていますね。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてguru-modeを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install guru-mode

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name guru-mode

こんなキーが無効にされる。

ソースコードを抜き出すと、このように定義されています。

左のキーが無効になって、右のキーを使えと言われます。

(defvar guru-affected-bindings-list
  '(("<left>" . "C-b")
    ("<right>" . "C-f")
    ("<up>" . "C-p")
    ("<down>" . "C-n")
    ("<C-left>" . "M-b")
    ("<C-right>" . "M-f")
    ("<C-up>" . "M-{")
    ("<C-down>" . "M-}")
    ("<M-left>" . "M-b")
    ("<M-right>" . "M-f")
    ("<M-up>" . "M-{")
    ("<M-down>" . "M-}")
    ("<delete>" . "C-d")
    ("<C-delete>" . "M-d")
    ("<M-delete>" . "M-d")
    ("<next>" . "C-v")
    ("<C-next>" . "M-x <")
    ("<prior>" . "M-v")
    ("<C-prior>" . "M-x >")
    ("<home>" . "C-a")
    ("<C-home>" . "M-<")
    ("<end>" . "C-e")
    ("<C-end>" . "M->")))

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/140812073729.guru-mode.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 140812073729.guru-mode.el

20140812073853.png
Fig1: ←を押すとC-bを使えと怒られる(笑)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。