eshell-fringe-status 20170117.1516(in MELPA)
Show last status in fringe

概要

eshell-fringe-status.el は、
eshellで最後に実行した
コマンドの終了ステータスを
プロンプトの左に矢印として表示します。

  • 正常終了のときに緑矢印
  • 異常終了のときに赤矢印

20170127062511.png
Fig1: 左端注目!

fish のような現代的なシェルでも
この機能は備わっています。

20170127062752.png
Fig2: 【おまけ】ちなみにfishでも

eshellでもその機能が欲しいのならば
ぜひ使ってみてください。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてeshell-fringe-statusを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install eshell-fringe-status

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name eshell-fringe-status

設定 170127061729.eshell-fringe-status.1.el(以下のコードと同一)

(add-hook 'eshell-mode-hook 'eshell-fringe-status-mode)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/170127061729.eshell-fringe-status.1.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 170127061729.eshell-fringe-status.1.el


Warning: array_intersect(): Argument #2 is not an array in /home/sagiboku/rubikitch.com/public_html/emacs/inc-package-relate.php on line 602

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。