async 20170219.942(in MELPA)
Asynchronous processing in Emacs

概要

diredではファイルをコピーや移動などができますが、
大きいファイルを処理したりリモートに転送するときは
どうしても待たされてしまいます。

そういうときはどうしてもdiredを使うのをためらってしまいますね。

でも大丈夫!asyncパッケージに含まれている dired-async.el を読み込めば、
ファイル処理を非同期にやってくれるようになります。

設定は簡単で、requireするだけです。

あとはいつも通りdiredでコピーしてください。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてasyncを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install async

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name async

設定 140920083408.dired-async.el(以下のコードと同一)

(eval-after-load "dired-aux" '(require 'dired-async))

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/140920083408.dired-async.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 140920083408.dired-async.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。