busybee-theme 20130920.942(in MELPA)
port of vim's mustang theme

概要

busybee-theme.el は、以下のパッケージに対応したカラーテーマです。

  • font-lock
  • hl-line
  • show-paren
  • isearch
  • mode-line
  • link
  • org
  • font-latex
  • ido
  • gnus
  • mu4e
  • slime

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてbusybee-themeを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install busybee-theme

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name busybee-theme

スクリーンショット

20160111143247.png
Fig1: emacs-lisp-mode

20160111143252.png
Fig2: magit

20160111143254.png
Fig3: grep

20160111143256.png
Fig4: outline-mode

20160111143257.png
Fig5: org-mode

20160111143259.png
Fig6: dired

20160111143301.png
Fig7: web-mode

20160111143302.png
Fig8: markdown-mode

20160111143305.png
Fig9: helm

Screenshot.png
Fig10: 本家スクリーンショット

設定

(load-theme 'busybee t)

実行方法

$ emacs -Q -f package-initialize -eval '(load-theme (quote busybee) t)'


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。