beacon 20161004.756(in MELPA)
Highlight the cursor whenever the window scrolls

概要

Emacsのカーソル位置ってたまに迷子になりませんか?

hl-line-modeで十分…そうですか、はい(笑)

カーソル位置が迷子になるのは、たいていスクロールやバッファ切り替えではありませんか?
そこで、beacon.elはhl-line-modeとは違って行をアニメーションさせる形で現在行とカーソルをわかりやすく表現します。

beaconとは灯台という意味です。

example-beacon.gif
Fig1: 本家スクリーンショット

M-x customize-group beacon で細かくカスタマイズができます。

  • beaconの見た目は変数 beacon-size と beacon-color で設定できます。
  • 光る時間は変数 beacon-blink-duration と beacon-blink-delay で設定できます。
  • いつbeaconが光るかは変数 beacon-blink-when-window-scrolls と beacon-blink-when-window-changes と beacon-blink-when-point-moves で設定できます。
  • 特定の状況で光らないようにするには変数 beacon-dont-blink-major-modes と beacon-dont-blink-predicates と beacon-dont-blink-commands で設定します。
  • 特定のバッファを光らなくするには (setq-local beacon-mode nil) と設定します。
  • カーソルを長距離移動させたとき、beaconはmarkします。 変数 beacon-push-mark をカスタマイズしてください。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてbeaconを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install beacon

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name beacon


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。