alert 20170223.1030(in MELPA)
Growl-style notification system for Emacs

概要

alert.el は、メッセージを通知する
alert という関数を定義しているライブラリです。

それを使うことによって、ユーザが通知方法を
カスタマイズできるというメリットがあります。

用途は通常の message 関数の代わりですが、
Growl で通知したりするなどができるようになります。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてalertを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install alert

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name alert

使用例(プログラマ側)

READMEより使い方を引用します。

そのままC-x C-eで評価すると
message 同様ミニバッファに表示されるだけです。

(require 'alert)

;; This is the most basic form usage
(alert "This is an alert")

;; You can adjust the severity for more important messages
(alert "This is an alert" :severity 'high)

;; Or decrease it for purely informative ones
(alert "This is an alert" :severity 'trivial)

;; Alerts can have optional titles.  Otherwise, the title is the
;; buffer-name of the (current-buffer) where the alert originated.
(alert "This is an alert" :title "My Alert")

;; Further, alerts can have categories.  This allows users to
;; selectively filter on them.
(alert "This is an alert" :title "My Alert" :category 'debug)

設定(ユーザ側)

使えるスタイルは以下の通りです。

style 説明
message messageと同様
log 時刻とともに*Alert*バッファにログが書き込まれる
ignore alertを無視する
fringe fringe(左右端)の色を変更する
growl Mac OS Xの Growl (http://growl.info/extras.php) を使う
gntp gntpを使う 要gntp.el(https://github.com/tekai/gntp.el)
notifications D-Busの通知ライブラリを使う
libnotify libnotifyを使う
toaster toaster (https://github.com/nels-o/toaster) を使う
notifier terminal-notifier (https://github.com/alloy/terminal-notifier) を使う

たとえば、fringeで色変えしたければ、

(setq alert-default-style 'fringe)

とします。

ただ、現時点では色が変わったままで

(alert-fringe-restore nil)

を呼ばないと元に戻らないようです…

僕はMac OS Xを持っていないので確認できませんが、

(setq alert-default-style 'growl)

でGrowlによる通知ができると思います。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。