aggressive-indent 20170321.1300(in MELPA)
Minor mode to aggressively keep your code always indented

概要

aggressive-indent.el はあらゆるタイミングでインデントを整えます。

標準マイナーモード M-x electric-indent-mode よりも信頼置けます。

まさに「攻めのインデント」という感じで、
ユーザからインデントの意識が消し飛ぶほどです。

自分でインデントしようとしたら、
aggressive-indentに強制されます(笑)

M-x global-aggressive-indent-mode を実行すれば、
aggressive-indent-excluded-modes に指定したメジャーモード
以外のすべてのバッファで有効になります。

ruby-mode のようにしばしばインデントが乱れる
メジャーモードでは不快に感じるでしょう。

反対に、Lisp系言語のようにシンプルかつ
Emacsの自動インデントが信頼できる言語であれば
十分快適な編集環境が整うことでしょう。

ひとつひとつのメジャーモードで有効にして
使い勝手を試してみることをおすすめします。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてaggressive-indentを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install aggressive-indent

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name aggressive-indent

設定 141231051642.aggressive-indent.1.el(以下のコードと同一)

;; (global-aggressive-indent-mode 1)
(add-hook 'emacs-lisp-mode 'aggressive-indent-mode)
(add-hook 'lisp-mode 'aggressive-indent-mode)

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/141231051642.aggressive-indent.1.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 141231051642.aggressive-indent.1.el

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。