ace-isearch 20161107.1730(in MELPA)
A seamless bridge between isearch, ace-jump-mode, avy and helm-swoop

概要

ace-isearch は、isearch(インクリメンタルサーチ)を
超強化するEmacs Lispです。

isearchのクエリ文字数によって、以下の挙動を行います。

  • 1文字→ace-jump-mode
  • 2〜5文字→isearch
  • 6文字以上→helm-swoop

0.4秒アイドルになると自動でace-jump-mode, helm-swoopへ移行します。

ace-jump-mode とは、画面に表示されている文字をタイプすることで、
3ストロークでカーソルを移動するコマンドです。

画面内の移動に特化しています。

helm-swoop とは、M-x helm-occurと同じようにカレントバッファを
helmインターフェースで検索するものです。

isearchとoccurのいいとこ取りをしたものといえます。

helm-swoop.elは作者が日本人だけにデフォルトで migemo にも対応しています。

helm-swoop.elは他にも機能がありますが、そのうち取り上げる予定です。
<2014-12-25 Thu> Emacs Advent Calendar 2014にてhelm-swoopについて書きました!

これらをC-s/C-rでひとまとまめにしたのがace-isearchです。

もはやace-jump-modeとhelm-swoopをキーに割り当てる必要はありません。

検索ベースのカーソル移動が劇的に改善します!
ぜひとも導入してみましょう。

インストール

パッケージシステムを初めて使う人は
以下の設定を ~/.emacs.d/init.el の
先頭に加えてください。

(package-initialize)
(setq package-archives
      '(("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/")
        ("melpa" . "http://melpa.org/packages/")
        ("org" . "http://orgmode.org/elpa/")))

初めてace-isearchを使う方は
以下のコマンドを実行します。

M-x package-install ace-isearch

アップグレードする方は、
以下のコマンドでアップグレードしてください。
そのためにはpackage-utilsパッケージが必要です。

M-x package-install package-utils (初めてアップグレードする場合のみ)
M-x package-utils-upgrade-by-name ace-isearch

実行方法

$ wget http://rubikitch.com/f/141008113738.ace-isearch.el
$ emacs -Q -f package-initialize -l 141008113738.ace-isearch.el

20141008134956.png
Fig1: 1文字のときはace-jump-mode

20141008135007.png
Fig2: 2〜5文字のときはisearch

20141008135016.png
Fig3: 6文字以上のときはhelm-swoop

本サイト内の関連パッケージ


本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば嬉しいです。